【設定方法】VagrantとVirtualBoxでUbuntu20.04の仮想環境をサクッと構築する手順

VirtualBoxVagrant環境構築
【設定方法】VagrantとVirtualBoxでUbuntu20.04の仮想環境をサクッと構築する手順
Memo

VagrantとVirtualBoxでUbuntu 20.04の仮想環境をサクッと構築する手順をメモしました。

Ubuntu(ウブントゥ)

Ubuntuとは?

Ubuntu とは、Ubuntuコミュニティにより開発されているオペレーティングシステムです。
ラップトップ、デスクトップ、サーバーに利用することができます。

Ubuntuの言葉の意味

Ubuntuという言葉は南アフリカのズールー語で「他者への思いやり」を意味の言葉になります。 実際にGUIユーザーフレンドリーであり初心者に優しいと言われることが多くあります。

Ubuntuサーバーの特徴

今回構築するのはUbuntuサーバーの特徴について紹介します。

  • 堅牢なサーバーとして定評のあるDebianをベース
  • 定期的なアップグレードが提供されている

VagrantとVirtualBox

VagrantとVirtualBoxについて

VagrantとVirtualboxの構成

環境を構築するにあたり先にVagrantとVirtualBoxのインストールが必要になります。
インストール手順については下記の記事を参照ください。

Vagrantのインストール手順

VirtualBoxのインストール手順

Vagrantコマンドの使い方とオプションの紹介

環境

  • Mac OS Big SUR 11.3.1
  • Vagrant 2.2.16
  • VirtualBox 6.1.22 r144080

ファイル操作で利用するUnixコマンドについて

基本的なディレクトリ作成やファイル操作はUnixコマンドを利用します。
Unixコマンドについて詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

Vagrant で ubuntu 環境構築

ディレクトリを作成

ユーザー直下 /home/user/ のディレクトリ、もしくは任意のプロジェクトのルートディレクトリ内に移動します。

terminal
$ cd ~/ or $ cd ~/project/

そこでmkdirコマンドを叩きubuntuディレクトリを作成して移動します。
ubuntuは任意のディレクトリ名へ変更いただいて構いません。

terminal
$ mkdir ubuntu && cd ubuntu

vagrant 初期化

vagrant initコマンドを実行してVMを初期化します。

terminal
$ vagrant init

boxの設定を を hashicorp/bionic64 へ変更

Vagrantfile の 15 行目あたりにある box の設定 config.vm.boxbaseからhashicorp/bionic64へ変更します。

Vagrantfile
config.vm.box = "hashicorp/bionic64"

VM を起動する IP の設定を追加

Vagrantfile の 35 行目あたりにある network 設定 config.vm.network のコメントアウトを解除します。
また必要に応じて192.168.33.10となっているIP を変更してください。

Vagrantfile
config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"

VM を起動

vagrant upで vm を起動します。

$ vagrant up
Bringing machine 'default' up with 'virtualbox' provider...
==> default: Box 'hashicorp/bionic64' could not be found. Attempting to find and install...
// 中略
   https://ubuntu.com/blog/microk8s-memory-optimisation

232 packages can be updated.
176 updates are security updates.

特にエラーなく起動することができました。 起動が完了したら構築は完了です。

ubuntuのバージョンを確認する

VMへログインし構築したubuntuの確認を実施します。

構築したubuntuのVMへログイン

vagrant sshコマンドでVMへログインします。

terminal|ホストOS
$ vagrant ssh

## os-releaseファイルを確認しubuntuのバージョンを確認 catコマンドで/etc/os-releaseファイルを確認しubuntuのバージョンを確認します。

terminal|ゲストOS
~$ cat /etc/os-release NAME="Ubuntu" VERSION="20.04.2 LTS (Focal Fossa)" ID=ubuntu ID_LIKE=debian PRETTY_NAME="Ubuntu 20.04.2 LTS" VERSION_ID="20.04" HOME_URL="https://www.ubuntu.com/" SUPPORT_URL="https://help.ubuntu.com/" BUG_REPORT_URL="https://bugs.launchpad.net/ubuntu/" PRIVACY_POLICY_URL="https://www.ubuntu.com/legal/terms-and-policies/privacy-policy" VERSION_CODENAME=focal UBUNTU_CODENAME=focal

Ubuntu 20.04.2がインストールされていることを確認できました。

ubuntuのパッケージアップデート

各設定を行う前に一度ubuntuのパッケージ、モジュールのアップデートを実施します。

aptコマンドでアップデート

UbuntuはDebianをベースのOSのためaptコマンドでアップデートを実施します。

terminal|ゲストOS
vagrant@vagrant:~$ sudo apt update && sudo apt upgrade -y Hit:1 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic InRelease Hit:2 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates InRelease Hit:3 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-backports InRelease Hit:4 http://security.ubuntu.com/ubuntu bionic-security InRelease Reading package lists... Done Building dependency tree // 中略 Found linux image: /boot/vmlinuz-4.15.0-55-generic done

初回のアップデートは少々時間がかかると思います。
以上でubuntuのパッケージ、モジュールのアップデートは完了です。

終わりに

最後までご覧いただきありがとうございます。
この記事では【設定方法】VagrantとVirtualBoxでUbuntu20.04の仮想環境をサクッと構築する手順について紹介させていただきました。

これからも皆様の開発に役立つ情報を提供していきたいと考えています。
今後ともよろしくお願いいたします。