styled-components の特徴と Next.js のプロジェクトへstyled-componentsを導入するまでの手順

ReactTypeScriptNext.jsインストールCSS
styled-components の特徴と Next.js のプロジェクトへstyled-componentsを導入するまでの手順
Memo

styled-components(スタイルドコンポーネント)

styled-componentsとは?

styled-componentsとは

CSS in JSのライブラリでJSファイルの中にスタイルを記述して利用します。
ReactJSと相性が良くコンポーネント単位でスタイルを記述していくことができます。

公式サイト

styled-components

styled-componentsを使うメリット

styled-componentsを利用するメリットはたくさんあると感じていますが
私が感じていることを簡潔にまとめています。

コンポーネント管理がしやすい

コンポーネントとスタイルを合わせて管理できるため管理が行いやすいです。

pages/index.tsx
const Title = styled.h1` color: blue; font-size: 50px; `; const Home = (): ReactElement => { return <Title>Hello, world!</Title>; };

このようにコンポーネントのファイルへスタイルを合わせて記述します。

スタイルが閉じられている

コンポーネントのスタイルは同じコンポーネントへしか当たりません。
任意のIDが割り振られ同じコンポーネントのみスタイルが当たるようになあります。

コンパイル後

<style>
.bQcLNl {
  color: blue;
  font-size: 50px;
}
</style>
<h1 class="pages__Title-sc-16nru3a-0 bQcLNl">Hello, world!</h1>

スタイルの影響を防ぐためにBEPなどの複雑な命名規則を考える必要がありません。

CSSの文法をそのまま利用できる

オブジェクトではなくCSSの文法をそのまま利用できます。

pages/index.tsx
const Title = styled.h1` color: blue; font-size: 50px; `;

それでは早速使っていきます。

環境

  • Mac OS Big SUR 11.3.1
  • yarn 1.22.10
  • Node 14.15.3
  • Next.js 10.2.3
  • styled-components 5.3

ファイル操作で利用する Unix コマンドについて

基本的なディレクトリ作成やファイル操作は Unix コマンドを利用します。
Unix コマンドについて詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

Next.js 環境の構築

前回Next.jsをインストールした環境の状態から変更を加えて行きます。 前回の記事については下記になりますので事前にご確認いただければと思います。

styled-componentsのインストール

styled-componentsのインストール

パッケージのインストール

プロジェクトディレクトリへ移動

前回作成したプロジェクトのディレクトリへ移動します。

terminal
cd ~/next-sample

styled-components のインストール

yarn installコマンドでstyled-componentsをインストールします。

terminal
$ yarn add styled-components yarn add v1.22.10 // 中略 ✨ Done in 4.67s.

関連パッケージのインストール

yarn installコマンドでbabel-plugin-styled-components@types/styled-componentsをインストールします。

terminal
$ yarn add -D babel-plugin-styled-components @types/styled-components yarn add v1.22.10 info No lockfile found. // 中略 success Saved lockfile. success Saved 3 new dependencies. info Direct dependencies ├─ @types/styled-components@5.1.10 └─ babel-plugin-styled-components@1.12.0 info All dependencies ├─ @types/hoist-non-react-statics@3.3.1 ├─ @types/styled-components@5.1.10 └─ babel-plugin-styled-components@1.12.0 ✨ Done in 4.71s.

@types/styled-components

styled-componentsの型定義ファイルになります。

babel-plugin-styled-components

styled-componentsのデバッグ系の設定を追加したり
SSRで利用できるようにするための設定を拡張するプラグインになります。

インストールしたパッケージの確認

package.jsonを開きインストールされたパッケージを確認します。

  "dependencies": {
    "next": "^10.2.3",
    "react": "^17.0.2",
    "react-dom": "^17.0.2",
    "styled-components": "^5.3.0"
  },
  "devDependencies": {
    "@types/node": "^15.12.2",
    "@types/react": "^17.0.11",
    "@types/styled-components": "^5.1.10",
    "babel-plugin-styled-components": "^1.12.0",
    "typescript": "^4.3.2"
  }

サンプルアプリの変更

前回作成したNext.jsのアプリケーションへ変更を加えていきます。

styled-componentsをNext.jsで使う設定

styled-componentsを利用できるようにするために
pages ディレクトリの直下に_document.tsxを作成します。

terminal
$ vim ~/next-sample/pages/_document.tsx

下記内容を追記します。

_document.tsx

_document.tsx
import Document, { DocumentContext } from 'next/document' import { ServerStyleSheet } from 'styled-components' export default class MyDocument extends Document { static async getInitialProps(ctx: DocumentContext) { const sheet = new ServerStyleSheet() const originalRenderPage = ctx.renderPage try { ctx.renderPage = () => originalRenderPage({ enhanceApp: (App) => (props) => sheet.collectStyles(<App {...props} />), }) const initialProps = await Document.getInitialProps(ctx) return { ...initialProps, styles: ( <> {initialProps.styles} {sheet.getStyleElement()} </> ), } } finally { sheet.seal() } } }

_document.tsxとは

document.tsxはNext.jsで提供されているdocument系の定義をいこなうためのコンポーネントです。ここで定義した内容は通常のpages内のコンポーネントのページへアクセスがあった際にサーバー側のレンダリング時に呼ばれます。

index.tsxの変更

styled-componentsをインポートして
実際に使っていきます。

terminal
$ vim ~/next-sample/pages/index.tsx

下記内容を追記します。

index.tsx

index.tsx
import React, { ReactElement } from 'react'; import styled from 'styled-components'; const Title = styled.h1` color: blue; font-size: 50px; `; const Home = (): ReactElement => { return <Title>Hello, world!</Title>; }; export default Home;

.babelrcの設定追加

babelの設定ファイルである.babelrcを作成し設定内容を追記します。

terminal
$ vim ~/next-sample/.babelrc

下記を追記します。

追記する内容

{
  "presets": ["next/babel"],
  "plugins": [
    [
      "styled-components",
      { "ssr": true, "displayName": true }
    ]
  ]
}

ssr

サーバーサイドレンダリング時に利用できるようにします。

displayName

コンポーネントが書かれているファイル名をクラス名に出力することができます。

babelとは

JavaScriptのコードを変換するツールです。
次の世代のJavaScriptの標準機能をブラウザのサポートを待たずに使えるようにします。

Next.js アプリの起動

アプリケーションを起動させていきます。

起動コマンドの実行

yarn devコマンド実行します。

terminal
$ yarn dev ready - started server on 0.0.0.0:3000, url: http://localhost:3000 // 中略  wait - compiling... event - compiled successfully

コンソールへsuccessfullyと表示されたらアプリケーション起動は成功です。

ブラウザからアクセス

アプリケーションが起動したのでブラウザからアクセスしてみます。 http:localhost:3000へアクセスしてみてください。

next.js ブラウザからアクセス

青い色のHello, world!と表示が確認できます。

終わりに

最後までご覧いただきありがとうございます。
この記事ではstyled-components の特徴と Next.js のプロジェクトへstyled-componentsを導入するまでの手順について紹介させていただきました。

これからも皆様の開発に役立つ情報を提供していきたいと考えています。
今後ともよろしくお願いいたします。