【暫定回避策】yarnでパッケージインストールする際にlocal issuer certificateのエラーの回避

yarnnpmセキュリティーエラー解消
【暫定回避策】yarnでパッケージインストールする際にlocal issuer certificateのエラーの回避
Memo

yarnでパッケージインストールする際にlocal issuer certificateのエラーを回避する手順についてメモしました。

経緯

会社のネットワークからyarn add を実行して
パッケージインストールする際にlocal issuer certificateのエラーになったため
暫定的な回避策調べてメモしました。

背景としてプロキシサーバーが変更になったことが起因していて
証明書の設定は別途必要のためその設定は別で実施します。

環境

  • Yarn 1.22.4
  • Node.js 14.15.3

発生したエラー

yarn add を実行

terminal
$ yarn add express yarn add v1.22.4 info No lockfile found. [1/4] 🔍 Resolving packages... error An unexpected error occurred: "https://registry.yarnpkg.com/express: unable to get local issuer certificate". info If you think this is a bug, please open a bug report with the information provided in "/Users/XXXX/project/yarn-error.log". info Visit https://yarnpkg.com/en/docs/cli/add for documentation about this command.

原因

SSLで証明書の検証に問題があるためエラーになってしまうようです。

回避策

一時的に証明書チェックの設定を無効化

一時的に証明書チェックの設定を無効化します。
証明書のチェック自体を無効化するためセキュリティー的なリスクがあるため暫定的な対応処置となります。

実施する場合は自己責任で実施をお願いいたします。

yarn config設定変更

yarn config setコマンドでstrict-sslの設定を無効化します。

terminal
$ yarn config set strict-ssl false

npmの場合

yarnではなくnpmを利用している場合も基本的なコマンドは同じになります。

terminal
$ npm config set strict-ssl false

パッケージの再インストール

再度パッケージのインストールします。

terminal
$ yarn add express

証明書のチェックを戻す

証明書チェックの設定を戻します。
yarn config setコマンドでstrict-sslの設定を有効化します。

terminal
$ yarn config set strict-ssl true

終わりに

最後までご覧いただきありがとうございます。
この記事では【暫定回避策】yarnでパッケージインストールする際にlocal issuer certificateのエラーの回避について紹介させていただきました。

これからも皆様の開発に役立つ情報を提供していきたいと考えています。
今後ともよろしくお願いいたします。