Node.js のパッケージ管理ツールの Yarn をサクッとインストールする手順

Node.jsyarnHomebrewインストール
Node.js のパッケージ管理ツールの Yarn をサクッとインストールする手順
Memo

Node.js のパッケージ管理ツールの Yarn をサクッとインストールする手順をメモしました。

Yarn

Yarn とは?

Yarn とは、主に JavaScript で開発されたモジュールを管理するためのパッケージ管理システムの一つです。
npm と互換性があり、乗り換えたり併用することができます。

Yarunの特徴

超高速

Yarnはダウンロードしたすべてのパッケージをキャッシュするため、再度ダウンロードする必要はありません。また、操作を並列化してリソース使用率を最大化するため、インストール時間がこれまでになく高速になります。

メガセキュア

Yarnはチェックサムを使用して、コードが実行される前に、インストールされているすべてのパッケージの整合性を検証します。

超信頼性

Yarnは、詳細であるが簡潔なロックファイル形式と決定論的アルゴリズムをインストールに使用して、あるシステムで機能したインストールが他のシステムでもまったく同じように機能することを保証できます。

公式サイトから引用

公式サイト

環境

  • Mac OS Big SUR 11.3.1
  • Node 14.15.3

ファイル操作で利用する Unix コマンドについて

基本的なディレクトリ作成やファイル操作は Unix コマンドを利用します。
Unix コマンドについて詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

インストール

npmからYarnをインストール

npmからインストールできます。

$ npm install -g yarn

NodenvでYarnをインストール

NodenevでYarnをインストールする手順については下記記事を参照ください。

HomeBrewでYarnをインストール

Homebrewを先にインストールする必要があります。
インストール手順については下記の記事を参照ください。

Homebrewのインストール

yarnがインストール可能かどうか確認

Homebrew で VirtualBox が提供されているかをbrew searchコマンドで確認します。

terminal
$ brew search yarn ==> Formulae yarn

yarnがインストール可能です。

yarnのインストールの有無を確認

Homebrew で yarn インストールの有無をbrew infoコマンドで確認します。

terminal
$ brew info yarn

yarnのインストール

Homebrew の brew installコマンドでyarnをインストールします。 --ignore-dependenciesをつけておくと、複数nodeの依存関係を無視させることができます。

terminal
$ brew install yarn --ignore-dependencies

yarnのインストールを確認

yarnのyarn --version コマンドで yarnのがインストールされているか確認します。

terminal
$ yarn --version

終わりに

最後までご覧いただきありがとうございます。
この記事ではNode.js のパッケージ管理ツールの Yarn をサクッとインストールする手順について紹介させていただきました。

これからも皆様の開発に役立つ情報を提供していきたいと考えています。
今後ともよろしくお願いいたします。