【設定方法】超簡単。SEOの無料ツールserposcopeをDocker環境へサクッと立ち上げて起動するまでの手順

SEODockerインストール
【設定方法】超簡単。SEOの無料ツールserposcopeをDocker環境へサクッと立ち上げて起動するまでの手順
Memo

SEOの無料ツールserposcopeをDocker環境へサクッと立ち上げて起動するまでの手順メモします。

serposcope(サーポスコープ)

serposcopeとは?

serposcope

Google上のウェブサイトの検索順位を監視し、定期的に順位計測をができる
オープンソースで利用できるツールです。

serposcopeの公式サイト

serposcope公式サイト

serposcopeのメリット

  • 完全無料で利用できる
  • 設定できるキーワード数とWebサイトの数は無制限
  • 自動で計測を行ってくれる

メリットはいろいろありますが一番大きいメリットは完全無料であると感じています。
同じSEOの計測ができる他のツールとしてGRCRank Trackerなどがありますがこれらのツールは有料になってしまいます。

Dockerのインストール

直接PCのclientへインストールしてもいいのですが
あまり汚したくないためDockerへインストールして起動します。

Dockerのインストール手順

Dockerのインストール手順についてはこちらを参照ください。

Mac に Docker Desktop をインストール

CentOS7へDocker環境を構築

環境

  • Mac OS Big SUR 11.3.1
  • Docker 20.10.5, build 55c4c88
  • docker-compose 1.28.5, build c4eb3a1f

ファイル操作で利用するUnixコマンドについて

基本的なディレクトリ作成やファイル操作はUnixコマンドを利用します。
Unixコマンドについて詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

serposcopeのセットアップ

準備

プロジェクトのディレクトリを作成

プロジェクトディレクトリを作成します。

terminal
$ mkdir serposcope

作成したプロジェクトのディレクトリへ移動

作成したプロジェクトディレクトリへ移動します。

terminal
$ cd serposcope

Githubからserposcopeを取得

git cloneコマンドでソースコードを取得します。
一部ファイル(Dockerの設定周り)のみ利用するので ./gitというディレクトリ名でcloneします。

terminal
$ git clone git@github.com:serphacker/serposcope.git ./git

GithubのURL

GithubのURLです。
https://github.com/serphacker/serposcope

必要なディレクトリを移動

移動するディレクトリ

利用するファイルが格納されているのがdockerディレクトリになります。
このディレクトリをプロジェクト直下へ移動します。

└── docker

コピーコマンドでディレクトリをコピー

cpコマンドでdockerディレクトリを移動します。

terminal
$ cp -r ./git/docker ./

cloneしたディレクトリを削除

残った./gitディレクトリは不要のため削除します。

terminal
$ rm -rf ./git

docker-compose.ymlの作成

docker-composeで起動します。

設定について

  • cloneして移動したdockerディレクトリをビルド対象へ指定
  • ホストとコンテナの7134ポートを接続
docker-compose.yml
version: '3' services: serposcope: build: docker ports: - '7134:7134'

serposcopeの起動

docker-composeコマンドで起動

docker-composeコマンドでアプリケーションを起動します。

terminal
$ docker-compose up -d // 中略 Creating serposcope_serposcope_1 ... done

プロセスを確認

docker psコマンドで起動しているプロセスを確認します。

$ docker ps
CONTAINER ID        IMAGE                   COMMAND             CREATED             STATUS              PORTS                    NAMES
9bbd25615b17        serposcope_serposcope   "/entrypoint.sh"    2 minutes ago       Up 2 minutes        0.0.0.0:7134->7134/tcp   serposcope_serposcope_1

serposcopeへアクセス

起動したアプリケーションへアクセスします。

アクセスするURL

ローカルホストでDockerを起動している場合は
http://localhost::7134こちらからアクセスできます。

serposcopeログイン画面

ログイン画面が確認できます。

serposcopeログイン画面

serposcopeログイン後画面

ログインするとことのような画面へ遷移しました。
これでインストール完了です。

serposcopeログイン後画面

データの永続化について

Dockerは手軽に環境を構築できますが揮発性(コンテナ破棄時に変更分が消えてしまう仕様)のため
再起動などを行うとデータがなくなってしまいます。

そのため永続化手順については下記記事へまとめていますので
合わせて参照板だだければと思います。

serposcopeのデータの永続化手順

終わりに

最後までご覧いただきありがとうございます。
この記事では【設定方法】超簡単。SEOの無料ツールserposcopeをDocker環境へサクッと立ち上げて起動するまでの手順について紹介させていただきました。

これからも皆様の開発に役立つ情報を提供していきたいと考えています。
今後ともよろしくお願いいたします。