Node.jsのバージョン管理ツールnodenvをインストールしてNode.js環境をサクッと構築する手順

Node.jsnpmyarn環境構築インストール
Node.jsのバージョン管理ツールnodenvをインストールしてNode.js環境をサクッと構築する手順
Memo

Node.jsのバージョン管理ツールnodenvをインストールしてNode.js環境をサクッと構築する手順をメモします。

nodenv

nodenvとは?

nodenvとは、プロジェクト(ディレクトリ)ごとに、Node.jsのバージョンを管理することができるバージョン管理ツールになります。

nodenvを使う理由

Node.jsのバージョン管理ツールとして他にもnodebrewやnodistなどがありますが プロジェクトごとにバージョンを個別で管理できるためnodenvを利用するようにしています。

環境

  • Mac OS Big SUR 11.3.1
  • git 2.31.1
  • Node.js 14.15.3

ファイル操作で利用する Unix コマンドについて

基本的なディレクトリ作成やファイル操作は Unix コマンドを利用します。
Unix コマンドについて詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

nodenv をインストール

githubかnodenvのらソースを取得

nodenv をホームディレクトリの .nodenv にgithubからクローンします。

terminal
$ git clone git://github.com/nodenv/nodenv.git ~/.nodenv

nodenv のパスを通す

nodenvコマンドを実行するためにnodenvのパスを通します。

zshの設定

zshを利用している場合は、.zshrcへパスの設定を追記します。

terminal
$ echo 'export PATH="$HOME/.nodenv/bin:$PATH"' >> ~/.zshrc $ echo 'eval "$(nodenv init -)"' >> ~/.zshrc

bashの設定

zshを利用している場合は、.bashrcへパスの設定を追記します。

terminalterminal
$ echo 'export PATH="$HOME/.nodenv/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc $ echo 'eval "$(nodenv init -)"' >> ~/.bashrc

shellの設定を再読み込み

sourceコマンドでshellの設定を再読み込みします。

terminal
# zsh $ source ~/.zshrc # bash $ source ~/.bashrc

nodenvコマンドが実行できるか確認

nodenv -vでnodenvコマンドが実行できるか確認します。

terminal
$ nodenv -v nodenv 1.4.0+3.631d0b6

バージョンが確認できればnodenvのインストールは完了です。

node-build プラグインをインストール

nodenv installnodenv uninstallを利用できるようにするために
node-build プラグインをインストールします。

githubからnode-buildのソースを取得

ホームディレクトリ .nodenv配下のpluginsディレクトリへgithubからクローンします。

terminal
$ git clone https://github.com/nodenv/node-build.git ~/.nodenv/plugins/node-build

shellの設定を再読み込み

sourceコマンドでshellの設定を再読み込みします。

terminal
# zsh $ source ~/.zshrc # bash $ source ~/.bashrc

nodenv installの確認

nodenv install --listコマンドを実行してコマンドが実行できるか確認します。

terminal
$ nodenv install --list 0.1.14 0.1.15 0.1.16 0.1.17 // 中略 v8-canary

インストール可能なNode.jsのバージョンが一覧で表示されればインストールは完了です。

Node.jsのインストール

nodenv install コマンド

nodenv install [バージョン]でインストールします。

Node.js 14.17.1をインストール

2021/6/25現在のLTSであるNode.js 14.17.1をインストールします。

terminal
$ nodenv install 14.17.1 Downloading node-v14.17.1-darwin-x64.tar.gz... -> https://nodejs.org/dist/v14.17.1/node-v14.17.1-darwin-x64.tar.gz // 中略

インストールが完了すると~/.nodenv/versions/ 配下にインストールしてきた Node.js が配置されます。

shimのリフレッシュ

インストール後にshimのリフレッシュを実施します。

$ nodenv rehash

利用するNode.jsを指定

実際に利用するNode.jsを指定します。 グローバル(全ての場所で利用可能)で利用する設定と
プロジェクトで利用する設定があります。

グローバルでNode.jsを利用

先ほどインストールした14.17.1 を指定します。

terminal
$ nodenv global 14.17.1

ローカルでNode.jsを利用

実際にNode.jsを実行するプロジェクトへ移動します。

terminal
$ cd ~/project

先ほどインストールした14.17.1 を指定します。

terminal
$ nodenv local 14.17.1

Node.jsのバージョン確認

node -vコマンドでバージョンを確認します。

terminal
$ $ node -v v14.17.1

Node.jsのバージョンが表示されれば設定は完了です。

Node.js をアンインストール

nodenv uninstall コマンド

不要になったバージョンは nodenv uninstallコマンドでアンインストールできます。

Node.js 14.17.1をアンインストール

Node.js 14.17.1をアンインストールします。

$ nodenv uninstall 14.17.1

yarnのインストール

nodenvでインストールしたNode.jsでyarn利用するためにプラグインをインストールします。

githubからyarnのソースを取得

ホームディレクトリ .nodenv配下のpluginsディレクトリへgithubからクローンします。

terminal
$ git clone https://github.com/pine/nodenv-yarn-install.git ~/.nodenv/plugins/nodenv-yarn-install

このプラグインはnodenv経由でnodeをインストールしたときに、一緒にyarnもインストールするというものになります。
yarnのインストールには改めてNode.jsをインストールします。

yarnをNode.jsと合わせてインストール

Node.jsをアンインストール

すでに利用しているNode.jsバージョンで利用する場合は一度アンインストールします。

terminal
$ nodenv uninstall 14.17.1

Node.jsをインストール

terminal
$ nodenv install 14.17.1 // 中略 nstalling Yarn... Installed Yarn 1.22.10

このような形でyarnがインストールされました。

yarn のインストールを確認

yarn -vコマンドでyarnのバージョンを確認します。

terminal
yarn -v 1.22.10

無事インストールを確認できしました。

npmのバージョンアップ

npmのバージョンアップは直接npmコマンドで再インストールします。

terminal
$ npm i -g npm

終わりに

最後までご覧いただきありがとうございます。
この記事ではNode.jsのバージョン管理ツールnodenvをインストールしてNode.js環境をサクッと構築する手順について紹介させていただきました。

これからも皆様の開発に役立つ情報を提供していきたいと考えています。
今後ともよろしくお願いいたします。